参加規約

オーディション

この参加規約(以下「本規約」)は、国立大学法人東京大学大学院工学系研究科(以下、「東京大学」)及びソニー株式会社(以下「ソニー」)が設置した社会連携講座(以下「社会連携講座」)において、東京大学が主催するAudition(以下「Audition」)に関する諸条件を定めるものです。

 

Auditionへの参加に当たっては本規約に同意いただく必要があります。東京大学が別途定めるAuditionへの参加申込完了をもって本規約に同意いただいたものとさせていただきます。なお、満20歳未満の方は必ず保護者の方の同意を得た上でお申込みください。

 

(参加条件)

参加者は以下の条件を満たす必要があります。

  1. 18歳以上又は大学1年生以上であること。
  2. 反社会的勢力(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に定義される暴力団員、暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者、暴力団準構成員、総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、暴力団密接関係者及びその他の暴力的な要求行為若しくは法的な責任を超えた不当要求を行う個人をいう)に該当しないこと。

 

(同意事項)

参加者は以下の条件に従う必要があります。

  1. Auditionの趣旨を理解し、Auditionを全うするために十分な時間及び工数を確保すること。また、参加者が提出するビジネスプランの全部又は一部の作成検討を第三者に委託しないこと。
  2. Auditionへの参加に伴い参加者に発生する費用については、別途東京大学が認めた場合を除き、原則として参加者自身が負担すること。
  3. Auditionの期間中、東京大学から提示される各種運営規定、 規則、ポリシーその他の東京大学の指示に従うこと。

 

(禁止行為)

参加者は以下の行為をしてはならないものとします。

  1. 公序良俗、法令に反する行為
  2. 第三者の知的財産権その他一切の権利を侵害する行為
  3. 東京大学、ソニー及びソニーが直接又は間接に議決権付株式又は持分の過半数を保有する会社(以下「ソニーグループ」)、他の参加者又は第三者に対して、誹謗、中傷する行為又は不利益を与える行為
  4. Auditionの運営を妨害する行為
  5. 東京大学が承認していない営業行為
  6. その他、東京大学が不適切と判断する行為

 

(ビジネスプラン

  1. 参加者は、Auditionにおいて提出したビジネスプラン及びその内容について、合法であること、適切であること、第三者の営業秘密や知的財産権を侵害しないことを含め、一切の責任を負うものとします。東京大学及びソニーグループは、参加者が提出したビジネスプランについて一切の責任を負わないものとしますが、東京大学は任意で上記事項を確認することができるものとし、参加者はこれに協力するものとします。
  2. 参加者は、東京大学及びソニーがAuditionで多数のビジネスプランを受領していること、又、参加者が提出するビジネスプランが、Audition及びその他の東京大学又はソニーグループが関与するビジネスプラン・コンペティションにおいて提出された第三者のビジネスプランに類似する可能性を認識するものとし、当該ビジネスプランが参加者のビジネスプランに類似することについて、東京大学及びソニーグループに対して、法令に基づき請求可能なあらゆる権利を放棄するものとします。参加者は、東京大学及びソニーが別途同意する場合を除き、参加者のビジネスプランに含まれる知的財産権に関連して、東京大学及びソニーグループが何らの責任も負わないことを明示的に確認し同意するものとします。
  3. 東京大学及びソニーは、参加者がAuditionにおいて知的財産権を創出した場合、当該知的財産権が参加者に帰属することを明示的に確認し、同意するものとします。参加者は、東京大学及びソニーグループが当該知的財産権の実施及び使用を希望する場合は、別途協議するものとします。

 

(損害賠償)

参加者は、東京大学、ソニーグループ及びその他Auditionに関係する第三者並びにそれらの取締役、執行役その他の役員や理事、教員、従業員等(以下総称して「対象者」)に対して、参加者のAuditionへの参加又は対象者によるビジネスプラン及びこれに含まれる営業秘密、知的財産権その他の権利の行使に関連して生じる訴訟、クレーム、要求、賠償請求、費用請求その他の一切の請求(以下総称して「請求等」)を行わないものとし、第三者から対象者への請求等については参加者が責任をもってこれを補償するとともに、対象者に何らの損害も与えないことに同意するものとします。また、参加者は、東京大学及びソニーグループが参加者の提出したビジネスプランと類似又は競合する事業を自ら又は第三者との間で行う可能性があることを認識し、当該事業を東京大学及び/又はソニーグループが自ら又は第三者と共同で事業化した場合であっても東京大学、ソニーグループ及び/又は当該第三者に対して何らの請求等も行わないものとします。

 

(広告宣伝)

参加者は、参加者が提出したビジネスプランが東京大学及び/又はソニーによって公表される可能性があることを認識し、かかる公表について同意するものとします。

 

(秘密情報管理)

参加者は、Auditionの内容並びにAuditionを通じて知得した東京大学及び/又はソニーの技術情報及び営業情報を善良なる管理者の注意をもって厳に秘密として管理し、第三者に開示又は漏洩せず、又、Audition以外の目的に利用してはならないものとします。

 

(個人情報)

参加者は、以下の個人情報の提供と使用に関して同意するものとします。

  1. 個人情報を収集及び収集する法人:国立大学法人東京大学
  2. 収集する個人情報の範囲:
    1. 氏名
    2. E-mail アドレス
    3. 参加者の画像及び動画
  3. 個人情報の使用目的:Auditionの運営、社会連携講座及びAuditionに関する広告宣伝
  4. 個人情報の提供:
    個人情報の提出は参加者の義務です。個人情報を提出しなかった場合、Auditionへの参加が承認されません。
  5. 参加者が提出した個人情報の個人によるコントロールの権利:
    東京大学は、参加者から提供された個人情報に関する開示等を求められた場合、参加者本人であること の確認後、参加者本人が提供した個人情報の内容確認、修正、更新、削除並びに利用及び開示に関する同意の一部或は全部の撤回の要求について合理的な範囲で速やかに応じます。
  6. 個人情報に関する開示、訂正(追加・削除)、利用停止、利用目的の通知依頼及び苦情・ 相談のお申し出窓口
    住所:〒113-8654 東京都文京区本郷7丁目3番1号
    窓口:国立大学法人東京大学

 

Auditionの終了)

Auditionは東京大学が主催する任意のビジネスプラン・コンペティションであり、東京大学はいつでもその判断で、また、理由を問わず、参加者の資格を停止し、又はAuditionを中止させることができるものとします。東京大学及びソニーグループは、当該資格停止又は中止につき、参加者に対して何らの責任も負わないものとします。

 

(準拠法、裁判管轄)

本規約の準拠法は日本法とします。東京大学及び参加者は、本規約から生じる紛争に関し、東京地方裁判所 を第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。

 

(その他)

  1. 本規約は、Auditionに関する参加者と東京大学との完全なる合意を構成し、口頭又は書面によるものを問わず、両当事者間の本規約に定める事項に関する事前の合意、表明及び了解に優先するものとします。
  2. 管轄権を有する裁判所の判断により、本規約のいずれかの条項が無効、違法、又は法的拘束力を有しないと判断された場合、当該条項は本規約の当初の意図を可能な限り反映させた内容に解釈され、当該条項以外の規定は引き続き当事者間で有効かつ法的拘束力を有すものとします。
  3. 東京大学による本規約上の権利の不行使があった場合でも、東京大学が書面により同意しない限り、当該権利の放棄を構成しないものとします。
  4. 参加者は、東京大学の書面による事前の承認なくして、本規約から生じる自己の権利の全部若しくは一部を第三者に譲渡又は再許諾を行ってはならないものとします。なお、東京大学は参加者に通知を行うことなく、本規約並びに本規約の当事者としての地位、権利及び義務を第三者に譲渡することができるものとします。
  5. 参加者は、東京大学若しくはソニーグループの名において又は東京大学若しくはソニーグループの代理人として、如何なる法律行為をも為す権利を有さないものとします。また、参加者は、東京大学若しくはソニーグループの見解又は東京大学若しくはソニーグループの行為と受け取られる若しくはそのおそれのある発言、行為を行ってはならないものとします。
  6. 参加者は、本規約が東京大学又はソニーグループの保有する知的財産権について参加者に実施許諾をするものではないことを明示的に確認し、同意するものとします。

 

TOPへ戻る